事業資金

大切な事業資金を守るために必要な方法

事業を運営するには、事業資金が必要です。事業を立ち上げたばかりの時や、資金繰りが苦しい時は自社のみで事業資金を作ることは難しいです。事業投資、人材への投資、資金調達が必要なケースは色々ありますが、どんな資金調達が存在しているのかをしっかり把握する必要があります。また、資金調達の方法を覚えることで、ビジネスの幅が広がって資金調達で失敗することを防ぐことにも繋がっていきます。資産の売却、投資、負債、補助金、クラウドファンディングなどの方法があるのですが、事業資金を補う目的で、多くの中小企業や自営業の方々は、銀行などの金融機関からの借り入れによる資金調達を行っています。借り入れと一口に言っても様々な機関が融資を実施していますので、ここでは、事業に必要な資金を借り入れるポイントをご紹介致します。

銀行からの事業資金借り入れについてのポイント

事業で必要な事業資金は、どこから借り入れを行うかによって、借り入れの成功の可能性や借入の後の資金繰りに影響が出ます。ここでは、銀行から借り入れする場合の特徴を説明致します。多くの企業や自営業の方は、銀行から事業資金を借入しています。全国にある銀行は事業者向けの融資を行っています。低金利がメリットですが、その分審査は厳しく、返済の可能性が低い事業者は借入れできない事があります。銀行から事業資金を借入したい場合は、可能な限り業績を改善し信用保証協会の保証を得ることが重要です。銀行の金利は工夫すればより低い金利で事業資金を借り入れることが可能です。信用保証協会の保証獲得や業績向上により金利が下がる場合もあります。複数の銀行を検討、比較し他の銀行に乗り換えることでも金利が下がるケースがあります。

事業資金借り入れのポイントと注意点

銀行から事業資金が借入できれば良いのですが、信用保証協会の審査に通るかどうかは、事業計画書にかかっています。借り入れの目的が明確でなければ事業資金を融資してもらえません。融資する銀行側が納得して初めて借り入れが可能になります。返済期間の計画をしっかり立てることも重要です。資金の種類や利益計画に基づき、根拠のある計画を立案する必要が生じます。返済期間は、長期的な目線で策定することをお勧めします。融資を実行する銀行は、返済の見込みがある相手にしか資金を融資しないので、返済見込みがあるかどうかを示す必要があります。利益目標や担保などの返済財源を、数字的な根拠を持たせて明確に示すことが重要です。以上の事を踏まえ、事業計画書を作成して下さい。そして、自社の将来のために、資金獲得を目指して下さい。

契約利用率は利用限度額100万円以上の方、利用限度額100万円未満の方で8.0%~15.0%、13.0%~18.0%です。 社会的意義の高い金融サービスを提供しております。中小企業事業者を支援するスモールビジネス向けローンです。 アイフルグループが築き上げた事業ノウハウを活用して、ニーズお応えさせております。 全国のセブン銀行ATMでお借入・ご返済が可能です。 事業資金の調達はBusinextで簡単お申込み