事業資金についてそのメリットとデメリットのまとめ

事業資金とは、事業を始めるにあたり、必要なお金を調達することです。その方法はいくつかあります。利用者が一番多いのが、日本政策金融公庫からの融資です。日本政策金融公庫は、最も多くの人にお金を貸している金融機関なのです。政府が運営していますので、安い金利で借りられるのが利点です。さらには、決められた制度を利用することで、担保なしや保証人なしで融資が受けられることもあります。融資を受けている人の借入額は、600万円くらいですが、設備投資を絡めた場合であれば、1000万円も不可能ではありません。次に銀行から融資を受ける方法です。プロパー融資と信用保証貸し付けの2種類があります。プロパー融資とは、実績や将来性があり、返済能力のある会社のみが受けられるものです。なので、全ての会社に当てはまるわけではありません。

事業資金を集める、いくつかの方法

そして信用保証貸し付けとは、融資を信用保証協会経由して受けることです。実績のない会社でも、事業資金が借りやすいシステムです。ノンバンクから借り入れる方法もあります。いわゆる消費者金融やクレジット会社からの借入です。審査が早く、融資までの日数が短いというメリットがあります。日本政策金融公庫の審査から融資までの期間は、約1ヶ月で、銀行の場合は約2ヶ月かかります。ノンバンクであれば、即日入金も可能です。それ以外には、補助金や助成金を利用する方法もあります。従業員のために力を入れている会社で、条件を満たしていれば、受け取ることができます。クラウドファンディングというやり方もあります。ネットで出資者を集める方法です。事業が成功した場合には、サービスやリターンをする必要があります。

会社に合った事業資金の融資を受ける

事業資金を調達する方法はまだあります。投資家から資金を調達する方法です。自身の周りに投資家の方がいれば、支援が受けられるかもしれません。最後にファンタリングを利用する方法です。売掛金を売却して資金を調達する、というものです。売掛金があり、今すぐにでもお金が必要なケースには、おすすめの手段です。このように資金調達の方法はいろいろな種類があります。借金をしないで経営をしたいと思われる経営者の方もいらっしゃると思います。しかし、お金を借りてしっかりと返済しているということが、会社の信頼に結び付き、融資が受けやすくなるケースもあるのです。まずは融資のプロに相談し、どのような方法で事業資金を調達するのが一番良いのか、見極める必要があります。インターネットで無料診断をすることも可能です。