事業資金を集める際の注意点について見てみよう

事業のために使うお金を事業資金といい、立ち上げや運営に使用するために集めます。事業資金には大きく3種類あり、開業時に使う開業資金、設備への初期投資に使う設備資金、事業が軌道に乗るまでの運営に使用する運営資金です。資金調達方法はいろいろあり、ひとつの方法にこだわらず、さまざまな方法で集めるのも方法です。最も一般的な調達方法は融資です。銀行のほか自治体やビジネスローンなどもあります。利用する際には返済能力や信頼性などの審査があり、審査を通過しないと融資は受けられません。また雇用などで一定条件を満たしているなら補助金や助成金で調達する方法もあります。魅力的な事業をアピールし、クラウドファンディングで調達する方法も近年増えてきています。そのほか消費者金融や信販会社などのノンバンクを使った融資なら即日調達が可能で利用されることが多いです。

事業資金を集める方法、メリットとデメリット

事業資金はさまざまな方法で調達できますが、それぞれにメリットとデメリットがあり、会社にとって合う方法がどれか、しっかりと見極めてから調達しましょう。融資では信頼がカギとなるため、立ち上げすぐの会社には向きません。ある程度の信用がある会社なら支店の多いメガバンクなどの融資は受けやすいです。用途は決められていることが多く、縛りが多い点ではデメリットと言えます。一方ノンバンクの融資なら即日融資が可能で、自由に使うことができます。審査が緩めでどんな用途、事業内容であっても融資を受けやすいのがメリットです。一方、上限額が低めの設定なので、規模の大きな企業には向きません。また金利が高いという点も気になります。返済のめどが立たない融資は経営を圧迫しかねないので気をつけましょう。

事業資金を集めるには、綿密な事業計画が大切

事業資金調達を行うには、しっかりと事業計画を立てることが大切です。新しい事業を始める際、5年後や10年後などの近い将来までの道筋をきちんと説明できるよう、計画立てておきましょう。問題意識を持ち堅実な計画を立て、資金調達先へのアピールをしましょう。また、設備調達にいくら、人件費にいくらといったように、細かく使途内訳を決めて申し込みをすると信頼性が増します。調達先へ企業の成長や事業の成長可能性や独自性をしっかりとアピールすることが大切で、審査をクリアできるよう積極的な働きかけを行いましょう。うまくいかない時、起業家向けのセミナーなどに参加し、事業資金調達がうまくいくよう専門家からアドバイスを受けることもできます。また事業主同士の連携や、経験談などの情報交換も成功へのカギです。