効率良く事業資金を集めるセキュリティーの使い方を見ていこう

企業の永続的な成長を推し進めるうえで、欠かせない要素は事業資金の確保です。特に中小零細企業や個人事業主の経営では、新事業に対する設備投資だけでなく経営サイクルの都合上、人件費や運転資金が一時的に必要となることがありますので、事業資金を調達しなければなりません。その際、企業、個人事業主ともに銀行から融資を受け事業資金を調達する方法があります。銀行融資は、ポピュラーな資金調達方法であり、その特徴は、借入の金利は低いものの信用保証協会の保証が求められます。また審査があり、様々な必要書類を提出し銀行の判断を仰ぎます。代表的な必要書類は、貸借対照表や損益計算書などの決算報告書や事業計画書、資金繰りを記した記載表ですが、特に納税証明書は審査の際、重要視されています。事業資金調達は、銀行融資以外にもさまざまな方法がありますので、経営規模や業態に見合った方法で対処ください。

事業資金の調達方法を詳しく知ってリスクに備えた経営を推進

もし、残念ながら銀行融資が叶わず、また融資していただけるものの融資条件の変更等によって、必要とする事業資金に満たない場合、新たに事業資金の調達を検討しなければなりません。その際の可能な資金調達は、借入リスクの低い方法を基本とすべきであり、中小規模の事業者であれば、公的機関の金融公庫からの公的融資を検討してみましょう。公的融資の種類には、運転資金や設備投資、起業資金など中小零細企業が必要とする融資の種類が揃っており、その融資目的は経済の活性化のために融資を行ってくれる金融機関です。従いまして銀行などの金融機関より貸付の利息は低く、借入の負担も少なくなります。また公的融資は返済の猶予期間が設けられており、事業主にとって、とても有益な融資ですのでぜひ検討すべきです。

ベンチャー企業が安定的に事業資金を調達するための方法

起業間もない小規模の会社や独自のアイデアやサービスを中核にニッチな分野で活躍を目指すベンチャー企業などは、創業の頃は、赤字状態が続いて手元資金が枯渇してしまい、新たに事業資金を調達しなければなりません。しかしながら、銀行からの融資は受けにくい状態にあるため、それ以外の調達方法が必要となります。ベンチャー企業や小規模企業の事業資金調達方法には、その事業を支援してくれる個人投資家の存在があり、融資が期待できます。また、ここ数年、注目されている事業資金の調達方法は、クラウドファンディングや助成金、補助金制度であり、特にクラウドファンディングは、インターネットを活用し事業支援のための寄付や応援出資して頂いた後、その事業が軌道にのり利益が得られた段階で、商品などの返礼するものがあり、最大の利点は、より多くの方から支援というカタチを資金で得られる点にあります。