心配することなく事業資金が守られるおすすめ方法

事業資金は経営の要です。経営は順調なのに事業資金が底をついてしまうというようなことがないよう、経営者が向き合わなくてはならないことのうち最重要課題です。では、いったいどれくらいの事業資金が手元にあれば安心して経営することができるのでしょうか。これは業種や業態によっても異なりますが、一般的には月商1か月分だと言われています。例えば年商が5,000万円の会社なら、12で割った400万円くらいと言うことになります。この金額を意識して事業資金の残高を確保しておくようにすると、資金がショートすることなく経営に専念することができるのではないでしょうか。とは言え、事業資金はできるだけ潤沢にしておいた方が銀行交渉にも有利ですので、特に中小企業の場合は手元にある事業資金を増やすことを考えましょう。

事業資金を安全に集めるポイントとは

手元の事業資金が安全な額に満たない場合、その資金を調達するにはやはり銀行からの融資です。銀行の存在意義でもあります。借入金を増やしたくないと言う方も少なくないと思いますが、事業資金が少ないことで商機を逃したり、不安に駆られながら日々を送るよりは有益なのではないでしょうか。よほど業績が悪くない限り、安全な事業資金の確保のために必要なことを正直に伝えると融資を受けられると思います。融資を受ければ当然返済をしなければいけませんが、しっかりと返済実績を積むことで追加の融資も受けることができます。資金の残高に余裕があるほうが銀行も融資しやすくなるので、本当に資金繰りに困る前に上手に銀行と付き合い事業資金を確保することで、その後の事業資金の調達もしやすくなると言えます。

事業資金の管理には資金繰り表が必要

事業資金を守るためには資金繰りを管理する必要があります。そのために「資金繰り表」があります。資金繰り表は収益による資金の入金と、費用による出金を管理する帳簿です。提出を求められるような資料ではありませんが、事業資金の流れを掴むためにしっかりと管理する必要があります。資金繰り表は損益計算書などとは違い、現金の流れを管理しますので、収益は上がっているものの売上金が実際に手元に入金されるまでのラグのせいで、事業資金がショートしてしまうというような最悪の事態を避けることができます。経営の要である事業資金を守り経営に専念できるよう、資金繰り表をしっかりと管理し、資金の流れをつねに掴んでいることが重要です。そのうえで安全な資金残高を保す確保するために上手に銀行と付き合ってください。